風俗営業許可申請 ~その①~

 

広島県福山市で相続・後見業務を中心に行っております行政書士の藤井吉彦です。

 

 

先日、これからスナックをオープンされたいという方から、風俗営業許可申請のご依頼を
受けました。

 

 

そもそも「風俗営業許可」って何?

 

 

 

「風俗営業許可」とは…

通常、飲食店を経営するにあたっては、保健所の飲食店営業許可というものが必要となります。
それに加えて酒類を提供する飲食店の営業を行う際に必要となる許可のことをいいます。

 

 

 

許可が必要となる場合とは…
営業者や従業員が、特定少数の客に、継続して会話やお酌などのサービスを提供する「接待」を伴う営業を行う場合です。

 

 

ちなみに客の注文に応じて酒類を提供するだけだったり、お酌等をしてもすぐにその場を立ち去る場合や世間話をする程度では許可は不要です。

また、客への接待行為は行わないが、酒類を深夜遅く(午前0時~日の出)まで提供する営業を行う場合、許可は不要ですが、「深夜酒類提供飲食店営業」の届出が別途必要となります。

 

 

 

というわけで、風俗営業を行う場合には、店舗所在地を管轄する警察署に
「風俗営業許可申請」
を行い、公安委員会の許可を得なければなりません。

 

 

 

~許可申請を行うために必要な書類など~
・ 許可申請書
・ 営業の方法を記載した書類
・ 営業所の使用について権原を有することを疎明する書類
・ 営業所の周囲の略図
・ 営業所の平面図
・ 飲食店営業の許可証
・ 用途地域の証明書等 
・ 誓約書
・ 住民票の写し
・ 身分証明書
・ 写真
・ 申請手数料 24,000円

 

 

 

申請書を提出して許可の決定がされるまでは通常2ヶ月弱かかりますので、
その期間も逆算してお店のオープンの準備を進める必要があります。

 

 

 

次回は、必要書類に関すること手続きに関する流れについてご説明させていただきます。

 

 

 

 

当事務所は、風俗営業に関するご相談も承っております。
初回、相談は無料です。
お気軽にご相談下さい‼

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA