福山市で相続手続き 戸籍を集める必要があります

うちには財産がほとんど無いから
相続の手続きなんて必要ないだろう

 

とお思いではありませんか?

 

実際は
財産が少なかろうが多かろうが
必要になってくる手続きがございます。

 

今回はそんなお話・・・

 

ご家族が亡くなられたときに避けて通れないのが、

 

相続手続きです

 

そんな相続手続きの中でもいろいろあって

 

戸籍を集める作業

 

というものがございます。

 

簡単に言うと
戸籍を集めるとは

戸籍謄本を集めることです。

 

預貯金の払い戻しや
不動産の名義変更をするため

 

銀行・登記所に行くと
まず戸籍を集めることを求められます。

 

基本的には
亡くなられた方の生まれた時から亡くなるまでのすべての戸籍
を集める必要があります

 

生まれたときは、父母と同じ戸籍の中にいますが、
結婚すると夫妻の二人だけの新しい戸籍が作られます

 

結婚をすると

 

・(夫もしくは妻の)今までと同じ本籍地にする
・今住んでいる場所を本籍地にする
・所縁のある場所を本籍地にする

 

などいろいろ選択肢があります

 

大概の人は今住んでいる場所や
実家の住所を本籍地にしますが

 

中には

 

 

↑皇居 

 

ちなみに、
日本人で1番多くの人が置いている本籍地は
東京都千代田区千代田1番の皇居らしいです。

 

とか

 

大阪城

 

2番目は、大阪府大阪市中央区大阪城1番の大阪城だとか・・・

 

あとは熱狂的なカープファンだと
本籍はマツダスタジアムの住所という方もいらっしゃいました。

 

ただ、

 

現住所から遠方に本籍地を置いている場合

 

その市役所まで行くか、
郵便で請求する方法によって
戸籍を取らなくてはなりません

 

 

戸籍謄本を取るためだけに
遠方に赴くのは面倒ですし

 

郵便で請求する場合でも
請求書を書いたり…小為替を用意したり…
とても面倒です

 

そこで、

 

行政書士藤井吉彦事務所では戸籍謄本をお取りすることの代行もできます!

 

相続手続きをご依頼いただいた場合は、
職権にて戸籍を取ることができるので
面倒な作業は一切不要です

 

ぜひ当事務所までご相談ください‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA