相談会へのご参加ありがとうございました。

 

福山市で相続・後見業務を行っております行政書士の藤井吉彦です。

 

 

5月20日でご案内しておりました「相続・後見に関する相談会」が
無事に終了しました。

 

 

緊急事態宣言下ということもあり、お問い合わせいただきました方々の中にも
実際に対面での相談会に躊躇される方もおられたため、急遽ですが…
ご希望の方には「電話相談」という形を取らせていただきました。

 

【電話での相談の様子】

 

今回、ご相談いただいた内容は、3件とも「相続」に関するものでした。
具体的な相談の内容は守秘義務もあり、詳細はお伝え出来ませんが…

 

ご相談いただいくたびに思うことなのですが…

 

「きちんと遺言書を作成されていれば…」

 

 

ということ

 

 

終活をお考えの方に遺言書の作成をお勧めすると
大概の方がおっしゃるのは…

 

「費用がかかるから」
「自分はたいした財産を持っていないから」
「揉めることはないから」
「死んだあとは相続人たちがどうにかするだろう」
「子供がいないから」

 

です。

 

このお気持ちはとてもよく分かります。
僕自身も行政書士でなければ、同じように考えると思います。

 

 

ただ、ここで声を大にして言いたいのは

 

 

「遺言書を作成しておくだけで残された家族や相続人が助かる‼」

 

 

ということです。

けっして、大げさではありません‼

 

 

遺言書を作成しておくだけで…

①  相続人間での争いが防げる
誰でも自分の死後、子供さんなどの相続人が相続財産を巡って
喧嘩することを望まれてはいないはずです。

 

②  相続手続きが簡単になる
遺言書があるだけで、預貯金の解約手続きや不動産の相続登記などが
スムーズに進みます。

 

 

遺言書を作成=生前の意思表明 です。

あなたが亡くなられた後、どうして欲しいのか…をしっかり残しておくことを
おすすめいたします。
当事務所ではそのためのお手伝いをさせていただいております。

 

 

このブログをお読みいただいた方で少しでも気になった方
下記のとおり、相談も随時受け付けておりますので
当事務所までお気軽にご相談下さい‼

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA