建設業の更新申請

 

広島県福山市で相続・後見業務を中心に行っております行政書士の藤井吉彦です。

 

 

 

当事務所の業務の中に建設業の許可申請手続きがあります。

 

建設業の許可申請手続きと言っても色々な種類があります。
 ① 新規で建設業の許可を取るための申請
 ② すでに取っている許可について内容の変更があった場合の変更申請
 ③ 許可の有効期限が満了する前に行う更新申請
 など…
さまざまな申請がありますが…

 

 

今、お受けしている申請は③の更新申請です。

 

 

建設業の許可を受けた場合の有効期間は原則5年です。

 

 


更新申請が受付けられて許可が下りるまで約1か月かかります。
(通常、有効期間2か月目くらいから更新申請の受付が開始されます)
更新申請の提出はおおむね1か月前には完了しておくのが理想です。

 

 

なぜかというと、有効期間前に更新許可がなされておかないと期間満了日までに更新許可が下りないことが考えられるからです

 

また、有効期間満了後に更新申請がされた場合には、更新申請は受付されず、再度①の新規の許可申請を行わなくてはならなくなります。
こうなってしまうと、費用も時間もかかり、大変です。

なので、建設業の許可を受けられている業者さん、今一度、自分の許可申請書を手に取って、有効期間の確認をお願いいたします。

 

 

 

このように当事務所では、建設業の許可申請に関しても相談を承っております。
初回、相談無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA