事務所照明のLED化工事をして思ったこと

 

広島県福山市で相続・後見業務を中心に行っております行政書士の藤井吉彦です。

 

 

 

 

最近のブログ「~して思ったこと」というタイトルが多いのが気になる今日この頃ですが…
気を取り直して…

 

 

 

本日、事務所の照明をすべてLEDに交換する作業が行われました。
8月に新事務所に入居して、照明がちらつくのが気になっており、家主さんに相談したら
「この際、すべてLEDにしましょう‼」ということになりました。

 

 

 

当初、蛍光灯をLED蛍光灯に付け替えるだけで、大丈夫かも…ということでLED蛍光灯に付け替えてみたところ、点灯しない…

 

照明器具ごとLED一体型に交換することも検討しましたが、器具を交換すると天井に跡が残るので、どうにかならないものか?と無茶なお願いをしたところ…

電気屋さんから「今ついている器具を改造してみましょう‼」とご提案頂きました。

 

⇧工事の様子

 

 

 

 

このように器具がLED蛍光灯に対応していない場合、器具ごと付け替える方法を取るのが一般的だろうし、電気屋さんも簡単かつ儲かるかも?と思います。
しかし、この電気屋さんは色々な事を考慮して、最善な方法を提案してくださいました。

行政書士藤井吉彦事務所

 

今までのちらつきもなくなり、とても明るくなりました。
それ以上に今までの器具を使うことで、天井に取り換えた跡が残らず、違和感がなく私としては大満足です。

 

 

で、何が言いたいかというと…
依頼者であるお客様の希望をしっかりと聞いて、お客様が納得され、満足いただける成果を出すこと…
これが重要だということです。

 

 

当事務所においても、お客様のご希望をしっかりお聞きし、お客様にとってなにが最善なのか?
しっかりと吟味、満足いただける問題解決策をご提案することを常に心がけております。

(満足いただけない独りよがりなものでは、決して解決したとは言えません)

 

 

 

 

相続・後見などでお困り事がある時は、安心して当事務所までご相談ください。
相談は無料です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA