相続・後見研修

 

広島県福山市で相続・後見業務を中心に行っております行政書士の藤井吉彦です。

 

 

本日は、私の所属するコスモス成年後見サポートセンター相続後見・民事信託協議会との共催による研修会のため、「BIGFRONTひろしま」まで行ってきました。

行政書士研修

 

 

 

コロナ禍で、入会依頼ずっとzoomによるオンライン研修でしたが、今回初めて会場でのリアル研修に参加ということでzoomでしかお会いしたことない先生方にお会いできるため、若干興奮気味で会場入りしました。

 

 



今回は「成年後見制度利用の現状及び成年後見人の倫理」というテーマで広島弁護士会所属の水中誠三先生に講義していただきました。

 

 

利用の現状として、

最近は成年後見の申立人が家族や身内ではなく、市区町村長の申立ての方が多くなっている

後見人が必要な人の支援のための自治体を巻き込んだ連携強化体制が出来てきている

後見制度の利用を促進するための法整備や体制作りが出来てきているとのお話でした。

つまり、これからますます後見制度の利用がますます活発になってくるのだろうと思います。

 

 

 

そういった中で、法律専門職として後見業務に携わる者としては、もっとみなさんに後見制度を知ってもらう活動をしていく必要性を感じました。
どういった方法で、より分かりやすく、より身近に感じてもらえるか
今後、これをテーマに情報発信を続けていきたいと思っております。


また、情報を受け取られる方として、どういった内容・方法なら受け入れやすいか?などご意見をお聞かせいただければ嬉しいです。

 

 

 

 

後見・相続・遺言など、いつでもお気軽にお問い合わせください‼
初回相談無料です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA