外国人登録原票って?

 

広島県福山市で相続・後見業務を中心に行っております行政書士の藤井吉彦です。

 

 

 

みなさん、「外国人登録原票」って聞いたことがありますか?
日本国籍の方は、聞き慣れない言葉かと思いますが…

「外国人登録原票」…外国人の方に関する登録しとくやつ…みたいな…
なんとなくイメージは湧きそうでよね。

 

 

 

・中長期在留者:在留資格が永住者・日本人の配偶者など,在留期間が3カ月を超えて許可を受けた人。
・特別永住者
といった方々の氏名や住所などを登録しているものです。
つまり、住民票と同じようなもの(住民票よりやや詳し内容の記載ですが)だと思っていただければわかりやすいと思います。

 

 

 

 

福山市では2012年7月9日から外国人登録原票が廃止され、外国籍の方にも住民票が作成されました。
(他の地区町村でもほぼ同時期に新制度に移行しているはずです)

 

 

 

 

 

なので、外国人の方の住民票を代理人も取得できるようになり、非常に便利になりました。

 

 

 

ただし、外国人の方が日本に来られてから現在までの住所を知りたい時相続・帰化申請
などの時には、この「外国人登録原票」が必要になってくることがあります。

 

 

新制度になるまでは各市区町村で管理されていた「外国人登録原票」ですが、廃止に伴い、出入国管理庁の管理下になりました。
なので、いざ、閉鎖された「外国人登録原票」が必要になったときには、東京の出入国管理庁のセンターに郵便で請求することになります。
申請書の記載等はさほど難しくないのですが…
写しについては原則、本人しか受け取れません
私たちが、住民票などを代理で請求・受け取るようなわけにはいきません。
そのうえ、請求内容にもよりますが、写しが交付されるまで1~2か月近く要する場合もあるようです。

 

 

もし、「外国人登録原票」が必要な場面になったら、
何はなくとも一番に「外国人登録原票」の請求をされることをお勧めしております。

 

 

 

私も、今、相続と帰化の申請で「外国人登録原簿」を請求しなくてはならないため、
取り寄せるための申請書お客様にお渡しする準備をしています。

 

 

 

 

「外国人登録原簿」のことも含めて、帰化・外国籍の方の相続などについて
お困りの方、当事務所までお気軽にご相談ください‼
初回、相談は無料です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA