相続についての基礎 ~第1回~

 

広島県福山市で相続・後見業務を中心に行っております行政書士の藤井吉彦です。

 

 

 

昨年末はありがたいことに結構忙しかったので、美容院に行く時間がなく…
パーマは完全に落ちているし、伸び放題だし…
さすがにこれはマズイ…
ということで、今日は仕事の合間を縫って美容院に行ってきました。

 

 

私がお願いしている椎葉さんとはかれこれ15~16年のお付き合いでして、
全幅の信頼をおいているスタイリストさんです。

 

椎葉さんは現在、トリッカアトリエ(福山市)という人気美容院のオーナースタイリストですが、とある美容院のスタッフ時代からのお付き合いです。

 

 

どうして、ここまで長い間お願いしているかと言いますと…
髪型ってその時の気分でいろいろ変えたくなるじゃないですか~
(女性の方のほうが分かってもらえるかもしれませんね)

 

 

 

椎葉さんは、漠然としたイメージを伝えるだけで、イメージしていた以上の仕上がりになるんです。
その人の特徴に合わせて、その人のイメージどおりに最適な髪形にしてくれるので、人気があってなかなか予約も取れないんです。

(ただ、ここ数年、私はほぼ同じパーマスタイルですが…)

行政書士藤井吉彦

↑今日のサービスショット(カットの様子)…出来上がりの写真は取り忘れてしまいました。

 

 

 

さて、本題です。

 

 

今日、美容院で椎葉さんと話をしているとき

椎葉さん:「相続って聞いても何をどうするのか全く分からないです。僕以外にも分からない人がいっぱいいると思いますよ~。そういう基本的な事から教えてもらいたいと思っている人もいると思いますよ~。」

 

 

この言葉に、ハッとさせられました。
普段、ブログなどで相続に関するご相談などをご紹介させていただいていますが、それを読んでいただいて果たしてどのくらいの方が理解して下さっているのだろうかと…
独りよがりで自分が書きたい事だけを書いているのでは?…
この程度のことならみなさんご存じだろう…と自分の思いついたことだけをブログに書いているのでは?

 

 

 

 

 

そこで、今日から数回にわたって改めて相続に関する基本的なお話をしようとしようと思います。

 

 

第1回目は、相続人って誰?」というテーマです。

まず、「相続」とは、人が亡くなったときにその方が生前持っていた財産(プラス財産+マイナス財産)のすべてを相続人が受け継ぐことを言います。

 

 

 

では、相続人って誰?
「相続人」は民法という法律で定められています。

 

 

手書きの相続関係図で申し訳ありませんが…

 

【① 一般的なパターン】妻と子供が相続人となります
相続手続き

 

【②③ 子供がいないパターン】父母や兄弟も相続人になります。
相続手続き

①配偶者と両親が健在の場合⇒ B・D・Eが相続人です。
②配偶者と兄弟が相続人の場合⇒ B・Fが相続人です。

 

 

自分の場合は、だれが相続人になるのかな?
今後、遺言書などを書いておきたいけど、どうしたらいいの?

という方…

 


気になる方はぜひ、当事務所までお気軽にご相談下さい

初回、相談は無料です。

 

次回(法定相続分)に続く…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA