福山市で遺言書作成・遺言執行なら行政書士藤井吉彦事務所へ

 

福山市で遺言のことなら
行政書士の藤井吉彦です。

 

当事務所の業務として
遺言作成のお手伝いがございます。

 

遺言には種類があって

 

「自筆証書遺言」⇒自分で書くものや
「公正証書遺言」⇒公証役場でつくるもの

 

などがあります。

 

今回は公正証書遺言について

 

遺言書の作成でお手伝いさせて頂いた方の中に公正証書遺言で

 

私を「遺言執行者」に指定された方が何名かいらっしゃいます。

 

「遺言執行者」とは?

主な業務として亡くなられた方の財産などの相続手続をする人のことを言います。

 

遺言執行者が行う相続手続とは…

① 亡くなられた方と相続人の方の戸籍を集める作業
② 金融機関や証券会社などに行って、解約や名義変更の手続きを行う
③ 所有不動産や自動車などの名義変更手続きを行う
④ 場合によっては、相続人に同行し公的な手続きのお手伝いを行う
など、遺言によって指定された相続手続きができます。

 

先日、その中のお1人の方がお亡くなりになり、
ご家族から遺言執行のご依頼を受けました。

 

今回は、奥様が戸籍を集めたり、
金融機関などにも事前に連絡を入れておられたので、

 

私の遺言執行者としての業務は

預貯金の解約払い渡し手続
株券などの有価証券の名義変更手続


でした。

 

具体的には、ご家族と一緒に金融機関や証券会社に行き
所定の用紙に必要事項を記入後、署名・押印するという手続でした。

 

今回も何の問題もなくスムーズに手続きが完了し、ご家族も私もほっとしました。

 

何のトラブルもなく
スムーズに手続きができたのは
事前に準備をされていたからです。

 

当事務所では、遺言書作成から
お亡くなりになられた後の相続手続きまで
一貫してお手伝いさせていただく事ができます。

 

 

備えあれば、
お亡くなりになられた後のご家族の不安や負担を
軽くすることができます。
いつでもお気軽にご相談ください‼

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA